日々の読書のおともにどうぞ

僕がおすすめする小説やエッセイなどを思うがままに紹介していきます。
書籍が映像化した時のドラマや映画などの脱線話も多いです。

大パニック!!(パニック小説3選)

1. 私のクラスの生徒が、一晩で24人死にました。」日向奈くらら

2C組の宮田知江はいじめられていました。

知江の目はとても冷たく、どこか恐ろしいです。担任の北原は彼女を助ける気にはなれませんでした。

問題の放置は現代の学校でも問題になりますが、こんなにはひどいことにならないでしょうね。

ある夜、担任の北原は教室で生徒24人が死ぬ光景を目にすることになります。

 

いじめられっ子が復讐する物語は多いですが、ここまで、ホラーに偏っている小説は珍しい気がします。

どうやら、彼女の目を見ると狂ってしまうようです。

しかし、それだからといって目蓋を縫い付けるのはいかがなものかと思うのですがね(^^;)

 

2.「災厄」周木律

これは豊かなフーダニットミステリーでした。

四国は高知を発端として、集団死事件が起こります。

それは原因不明の症状により、市町村単位での集団死です。この災厄は四国全域に広がります。

この原因はテロだとする、警察側とウイルス感染だ、と唱える斯波がバチバチにやりあいます。

僕だったら仲良くしてって言ってしまい、間をとった作戦をとりそうなものですが、テロかウイルスかの原因の特定は大事ですよね(^^;)

テロに固執しすぎると救える命は限られてしまいます。

高知の人は斯波が救出するしかなさそうです。

 

この災厄の犯人に注目です。それは突飛な発想ではありますが、実にあり得る犯人でした。

その正体と論理的な説明が聞きたくて、一気読みでした。

 

3.「あなたもスマホに殺される」志賀晃

志賀晃さんならばネットの問題などのノンフィクションを書けそうだなと思い買った一冊でしたが、これは小説でした。

背表紙を読まない、僕の悪い癖です(^^;)トホホ

 

ある日中学教師の鈴木のもとに、自殺相談室というSNSからの招待が届きます。

鈴木の近くにはこれにハマっている生徒や先生がいて、次第に鈴木もハマってしまうようになりました。

本書の魅力はこのSNSが楽しそうということですかね。

これは人生相談室みたいな感じで、悩みを相談されてそれを四択のうちのどれかで返すというものです。

例えば、僕は友だちはいなくて、いじめられています。どうしたらいいでしょう?

という質問。

これの答えが、

先生に相談する 友達に相談する

親に相談する  自殺する

です。最後の自殺するを選択すると、ポイントをたくさんもらうことができます。

仮想現実のような世界で、鈴木はなんとか相談者の役に立ちたいともがきますが、相談者もなかなかに頑なでイライラします。

もちろん僕もイライラしました。どれを選択してもそれはできませんとか返してくるのですよ。先生に相談するともっとひどいことになりますとかなんとか。
励ましようがなくなります。論理的に考えてと叫びたくなりました
(^^;)

鈴木は真摯に、誠実に答えていましたが、そのうちに答えが変わっていきました。

だんだんとこのアプリが鈴木の生活に浸食して、恐ろしいことになります。

 

自殺者続出のミステリーで、不快な気分がずっと続いてしまうので、おすすめの小説とはなりませんが、志賀晃さんの小説は感情を揺さぶるのが上手すぎなぁと再認識しました。

 

「終末のフール」伊坂幸太郎

本書と初めて出会ったのは高校の図書室でした。

友だちが「これおすすめだよー」と持ってきてくれたものの、すぐに読むのをやめてしまいました。

当時の僕はサッカーで忙しかった(^^;)

その数年後、本書を手に入れた僕はこれを読んで大号泣でした。
当時ではわからないものがたくさん詰まっていたのだと思います。

 

本書は八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡するという世界のお話です。

地球は滅亡する、そう予告されてから五年が過ぎた頃の話なので、物語の中の彼らはあと3年の寿命しかありません。
寿命が分かってからというもの、世界はパニックに陥りましたが、いまや平穏な小康状態になりました。

仙台北部の団地に住む住民たちも同様です。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直します。
六章からなる本書はこの団地に住むそれぞれの余生の過ごし方を描いています。

ここからはAmazonからのあらすじです。
《自分の言動が原因で息子が自殺したと思い込む父親(「終末のフール」)
長らく子宝に恵まれなかった夫婦に子供ができ、3年の命と知りながら産むべきか悩む夫(「太陽のシール」)
妹を死に追いやった男を殺しに行く兄弟(「籠城のビール」)
世紀末となっても黙々と練習を続けるボクサー(「鋼鉄のウール」)
落ちてくる小惑星を望遠鏡で間近に見られると興奮する天体オタク(「天体のヨール」)
来るべき大洪水に備えて櫓を作る老大工(「深海のポール」)
はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは?今日を生きることの意味を知る物語。》

どれも面白いうえに泣ける話ばかりです。でも今回はそのうちのふたつについて書いていきます。

「籠城のビール」は兄弟が妹の敵討ちに団地に入る話。

妹の暁子はマスコミの被害者だった。

暁子は空き巣事件に遭遇して、人質になってしまった。無事に救出されたもののマスコミは面白がって暁子に取材する。

暁子がテレビ映えのする外見だったことも関係があるのだろう。あることないことを騒ぎ立てとにかく面白おかしくテレビや雑誌に取り上げる。

それで気を病んだ暁子は自殺、母も倒れてしまった。

兄弟はこのときのマスコミの筆頭に復讐しにいく。

果たして、三年後に死ぬ相手を許せるのか?
復讐相手との軽やかな会話が緊迫した状況を感じさせない物語で最後まで楽しめた。


「深海のポール」はこれと真逆の話だ。

父は津波に備えて櫓を作るが、僕の生活は大きくは変わらない。

今は、サッカーに勤しむことにしよう。というストーリー。

父が櫓を立てる理由は感動的だが、僕がのんびりしているのも、実に終末らしい。

 

 

終末で取るべき行動など、それぞれで違います。

そもそも、終末に取るべき行動など、マニュアル化されていないですしね(^_-)-☆

僕だったらどのような行動をとるか、多分本を読んでいるかもしれないが、簡単に生きることを諦めたくないなぁと普通の感想を言ってそろそろ終わります。 

本書の登場人物たちにとっての数年後はありませんが、僕はこの本に奇跡的に出会うことができました。

本書を読んで、日々を一生懸命に生きようと思うとともに、一冊一冊との出会いを大切に読んでいこうと思える、名著でした。

 


終末のフール (集英社文庫)
伊坂 幸太郎
集英社
2009-06-26

「おしまいのデート」瀬尾まいこ

本書は5章からなる短編集です。

あま〜〜い恋とドキドキする恋と美味しそうなごはんがページをめくる手を止めさせてはくれませんでした。

それでは各章を少しずつ書いていきます(*⁰▿⁰*)

 

「おしまいのデート」

両親は離婚して私は母の方についたけど、お父さんとは月一回会うことになっている。

でも、お父さんは再婚して会えなくなってしまったみたいだ。それは別にいいのだけれど、なぜか、おじいちゃんと月一回会うことになった。

それも今日でおしまい。

 

母も再婚することになっているし、新しい父の連れ子と仲良くできるかも心配。さらには自分の受験のこともあり、の環境は変わり続ける。

その中にあっても、ただただやさしくて、面白いおじいちゃんの存在は偉大だと感じた。

 

「ランクアップ丼」

語り手の三好は母子家庭だが、母は恋愛にかまけて、ほとんど孤独に過ごしている。

それで荒れるのは実に若者らしいが、上じいという先生は三好を見捨てなかった。

といっても、特に説教らしい説教はせず、中華料理店で玉子丼をおごってやるだけなのだが。

三好は高校卒業後、就職して上じいをごはんに誘う。

そこで食べるのも玉子丼だった。

この不思議な関係は2年続くが、いつか終わりが来る。

それは涙無しでは語れない。だから、語らないことにする。

 

「ファーストラブ」

これは禁断の恋なのか?

宝田は同じクラスなのにあまり話したことのない男子だ。

しかし、急にデートに誘われた。断るのもなんか悪いし、行ってやるか。

 

特に何も起きないのだが、ラストはちょっとだけ寂しい気持ちになる。

読み手の感情の揺さぶり方がうますぎる。

 

「ドッグシェア」

主人公は離婚したばかりのOL。

ある日、公園で捨て犬を見つけるが、拾って帰ることはできないので、毎日エサをあげることにした。

犬はポチと名付け毎日ビスコをあげることにしたが、ポチの家であるダンボールにはなぜかエビチリが入っていた。

これを入れた中学生男子とムフフ(><)

とはならなかったが、男の生態について考えることができた。

奇妙な友情は犬の死をひと段落とするが、この2人、もっと仲良くなって欲しい(*^^*)

 

「デートまでの道のり」

これは本当に禁断の愛だな。

主人公は保育士の祥子先生(((o(**)o)))♡

僕は小さいとき保育士の先生に恋をしていた。けれどまったく相手にされなかった。きっと、アプローチが足りなかったのだろう。

(すみません。これは関係ない話でした。)

イタズラっ子のカンちゃんは問題児で、たくさん叱ることがあるのが、嬉しい。

保護者パパの脩平さんとお話しできる機会ができるからだ。

カンちゃんのことでご相談が………

そして仲良くなる2人。2人は付き合い始め、脩平の家にまで行くようになった祥子。

(なんか禁断の匂いをつけてみましたが、脩平の妻は亡くなっているので、合法的なお話です)

脩平はカンちゃんを入れて3人でデートしようと誘うが、祥子は断る。

まだ、カンちゃんと仲良くなれていないと思っているからだ。

そんな祥子をみてか、カンちゃんは祥子にデートまでの条件を示す。

 

先生と保護者の恋はとてもキュンキュンしますね。

〇〇君パパという呼び方から名前で呼ぶとき、もぉ〜ドッキドキですわなぁ。

とまあこんな感じでぬるっと終わります(^ ^)


やっぱり「ランクアップ丼」の泣ける部分について少し語ることにします。

不良に「腹が減ってるからお前は悪さするんだ」といって、ごはんを奢る先生はとても感動的ですね。

もう現代でこういう先生は少ないのでしょうね。

上じいと呼ばれる先生は年老いて弱っていきます。

三好は上じいが弱っていることには気づくも、死期までは悟らないのは当然です。

しっかし、おじいちゃんを死なせれば悲しいのは当然ですよね。

僕は泣いた後に、これはずるいようなんて、思います。

 

「君の膵臓をたべたい」住野よる

さっそく、本の話を!といきたいところですが、脱線するのがこのブログなので、先に映画の話です。

ちなみに僕は書店員の特権を活かして試写会に行きましたよv(^_^)イエーイ(当時の話ね)

主演は北村匠海さんと浜辺美波さんです。

浜辺美波さんは小悪魔の役が上手すぎますね。小悪魔というか、ぶりっ子というか。彼女が本気を出せば世界征服できるのでしょうね(^ ^)

例えば魔王が浜辺美波さんに「世界の半分をあげよう」と言おうものなら、上目遣いで「えー、全部頂戴よ〜」と魔王を萌え死させて全てを手に入れることでしょう。

最近、浜辺美波ブームがきているようですが、今までの役は小悪魔が多めですね。この映画の出演でイメージが固まったのかもしれません。

 

さて、そろそろ本の話をします。

でもね。本書の紹介は、もちろん僕の中ではなのですが、とても難しいのです。

類書が多すぎるのです。

例えば、「世界の中心で愛を叫ぶ」、「いま、会いにゆきます」、「僕の初恋を君に捧ぐ」、「桜のような僕の恋人」などなど。

探せば100冊以上はあると思います。いわゆる王道のラブストーリーですね(╹◡╹

共通点はカップルのどちらかが、大変な目にあうということです()

障害のない恋の方が心の平穏は保たれそうですが、物語としてそれではつまらないのでしょうね。

障害がないラブストーリーなど、めったに出会えません。あとは障害の程度によって好みが分かれるところでしょう。

 

僕の好みのラブストーリーは地味目な女の子が太陽のような男に出会って変わっていく物語ですね。

それは「君に届け」や「それは経費では落ちません」です。要するに多部未華子さんです(笑)

ここからしばらく2度目の脱線と、多部トークです(^ ^)

多部未華子さんはおとなしい女性の役がとても上手です。口数が少ないながらも、人を尊重する雰囲気がありますね。

僕には真似できなさそうですが、多部未華子さんに元気に話しかけ、ストレートに想いを伝える男はかっこいいです。

「君に届け」の三浦春馬さんはクラスでの人気者でありながら多部未華子さんに優しく接する、太陽のような存在でした。

僕も三浦春馬さんのような女性と出会いたいものです。

「君に届け」については語りきれないので、キミスイに戻りたいと思います(^◇^;)オマタセシマシタ

 

キミスイは「君に届け」と逆パターンですね。

語り手のは志賀直哉と村上春樹の名前を半分ずつ引き継ぐ、文学高校生です。

ヒロインは山内桜良です。天真爛漫な女子高生です。

クラスメイトだった2人が急接近したのは病院でした。は盲腸の手術のあとの抜歯のために待合室に座っていると一冊の文庫本を見つけて読んでしまいます。

置いてある本や人の読む本が気になるのは読書好きあるあるですね(^ ^)

が手にとったその本には共病文庫というタイトルが書いてありました。それは桜良が書いた自らの闘病日誌でした。

桜良は膵臓の病気であと何年も生きられないことを知っていましたが、それをクラスメイトに発表する気はありませんでした。

桜良の命が短いことを知ったと桜良はその日をきっかけに仲良しになります(˃̵˂̵)

 

タイトルの「膵臓を食べたい」という意味は昔の人の言い伝えだと桜良は語ります。

このシーンの会話が楽しいですね(o^^o)

「君の膵臓を食べたい」と桜良。

「いきなりカニバリズムに目覚めたの?」と

「昨日テレビで見たんだぁ、昔の人はどこかは悪いところがあると、他の動物のその部分を食べたんだって」

「それが?」

「肝臓が悪かったら肝臓を食べて、胃が悪かったら胃を食べてって、そうしたら病気が治るって信じられていたらしいよ。だから私は、君の膵臓を食べたい」

「もしかして、その君っていうのは僕のこと?」

「他に?」

ここまでにしましょうか。

理由を知っているとなかなかに重い会話なのですが、こんな感じの軽快な会話が続きます。

「君に残り少ない私の人生の手助けをさせてあげてもいいよ」という桜良と、の初デートの約束をするシーンからでした。

ちなみにここまでに書いた本文の内容はすべて15ページまでの内容です。

序盤だけで本書がどういう本なのかを分からせる手法がお見事です。この分かりやすさが大ヒットの秘訣かもしれません。

 

このあとの2人はずっとイチャイチャしているので、僕は嫉妬でおかしくなりそうでした(><)

特に旅行先でホテルの同室に泊まってお酒を飲みながらゲームをするシーン。

これは付き合ってもない高校生同士が同じ部屋に泊まるなんていけないんだぞー!という気持ちと、に頑張れ!チャンスだ!!という気持ちが28で混ざり合いドキドキしながら読みました(^ ^)

そのときのゲームはとても面白そうです。

真実か挑戦かというゲームなのですが、これの説明はやめておきます。これは「王様ゲーム」みたいに男女がイチャイチャすることができるゲームでした。

まったくけしからん2人ですね。

 

空気感ががらりと変わる後半。

まぁ桜良の命が短いことが最初に書いてあるので覚悟はできているつもりなのですが、やはり切ないですね。

が日陰にいるところに花のように元気で明るい彼女は微笑みかけてくれました。

最後に彼女の膵臓を食べたいと思えたは人間的に成長できたのでしょうね。


君の膵臓をたべたい (双葉文庫)
住野 よる
双葉社
2017-04-27


「100日後に死ぬワニ」きくちゆうき

今回紹介したい本のタイトルは「100日後に死ぬワニ」です。

これは4コマ漫画で描かれているもので、2019年12月12日から2020年3月20日までの100日間、19時頃にツイッターで公開されました。

これはワニ君が死ぬまでの100日間を描いています。本の内容はタイトルの通りですね(^◇^;)

1日に4コマずつしか進まないので余白に何があったかを考えたり、ワニ君の恋が進まない日にはやきもきしたりしました。

ワニは四足歩行ではなく、二足歩行でズボンをはいたり、ときにはおしゃれをしたりします。

僕と初めましての人には伝わらないのでしょうが、僕は二足歩行か四足歩行かにとてもこだわります(^^)

これは擬人化だと言う人もいますが、作品中では人と書かれているので、ワニとネズミが友だちでも、ワニがひよこを交通事故から助けたとしても違和感はありませんでした。

主な登場人物は主人公のワニ君、その友だちのネズミ君ともぐら君、先輩で美人のワニ子さんです。

ワニ子さんの顔もワニなのですが、オシャレな上、とても可愛らしく描かれています。この辺りはきくちゆうき先生の画力が発揮されていますね。

彼らの年はきっと二十歳前後だろうと思われます。ただ、ワニ君が若そうなのとネズミ君がバイクに乗ってることからの推測なのですが。

 

100日間、さまざまな出来事がありました。

2日目、ワニ君は通販番組で気に入った雲ぶとんを一年待ちの予約で買い、楽しみだな〜。とつぶやきます。

4コマ目の下には「死まであと98日」と書いてあります。

とても切ない一文で、思わず1年後には君は生きていないよとツッコミを入れてしまいます。

 

この漫画の最大の特徴はワニ君が期限のある命を生きていて、その死期を読者だけが知っているというところでしょうか。

ワニ君があと100日しか生きられないと知っていたらきっと雲ぶとんは予約しなかったことでしょう。

他にもワニ君が寝てるだけのシーンや一日中ボーッとしたあとに締めのラーメンを食べるだけの日もあります。

僕はポケモンにはまり、一日中イーブイのタマゴを孵化させるだけの日がありましたから、すぐにワニ君に共感できました。

 

38日目、一緒のカフェで働くワニ子さんとワニ君のシーン。全くセリフがない4コマですが、お互いに意識しあっていることが分かります。

ツイッターでのコメントはさまざまでした。

ワニ君に早く告るべし!との意見もあれば2人が付き合ってもワニ君は死ぬからワニ子さんがかわいそうという意見もありました。

 

この世界ではもぐら君に犬の彼女ができるくらいですからワニはワニ同士でというわけにはいかないのでしょう。

67日目、職場の犬子先輩から肩をつつかれ、ワニ君の恋は動きだします。

 

この頃から僕の仕事終わりはうきうきし始めました。ワニ君とワニ子さん。上手くいって欲しいなぁ。ワニ君がんば!押せばいけるぞ!!

と、考えていたらあっという間に3月20日。

この日のワニ君たちはお花見の約束をしてしました。ネズミ君ももぐら君もワニ子さんも犬子さんもいます。

そしてこの日にワニ君は亡くなります。

この日だけは4コマでなく、計13コマで描かれています。

興味のある方はきくちゆうき先生のツイッターに残っているかと思うので、確認できると思います。

 

僕はこの日、気になるあの子とのお食事会でした(o^^o)

この楽しいひと時にも、必ずいつか終わりがくると思うとすごく切なくなりました。

まぁこの本を買って貸してあげるよという姑息な手段で次回のアポイントをとりましたが(^ ^)

 

総括ですが、ツイッター発のコンテンツはとても盛り上がるのだなと分かりました。

かつての電車男を想像させてくれましたね。電車男を応援するかのように、ワニ君が持つリアリティに多くの方が共感したのだと思います。

ツイッターのコメントではきくちゆうき先生を応援する声が多かったのですが、たまに「ワニ早く死ねや」と書いている人もいまして、それには読んでいて胸を痛めました。

ワニ君が死ぬことが分かっていても、ワニ君には死んで欲しくなかったし、死なずに終わるというラストでも名作だったと思います。

コミックスでワニ君と初めましての人には、ワニ君と過ごした日々を共有できるかはわかりませんが、ワニ君が亡くなったあとのことも書いてあるので、読む価値ありです。

ワニ君と過ごしたあの楽しい日々を皆さまと共有できたらなによりです。

 
これからたくさん紹介していきたいと思いますが、僕は動物の本が大好きです。

僕の部屋の動物たちを公開して終わりたいと思います。

f:id:oomori662:20200415002143j:image

せつない動物たちの本の近くにナナコカードとキリンさんです。キリンは「モー」とか「ワン」とか鳴きます。これはまったく関係ない話です(^ ^)


ワニくんグッズも発売しているみたいです。
ワニくんは表情が豊かでかわいいですね(^_-)-☆

(出典 images-na.ssl-images-amazon.com)
記事検索
にほんブログ村
にほんブログ村