日々の読書のおともにどうぞ

僕がおすすめする小説やエッセイなどを思うがままに紹介していきます。
書籍が映像化した時のドラマや映画などの脱線話も多いです。

お仕事小説

「天久鷹央の推理カルテ」知念実希人

これぞ小説がヒットする黄金パターン!と煽り文から始めましたが、黄金パターンとは思ってもらえないとしても僕が大好きなパターンの一つです。

それはかわいくて天真爛漫、もしくは聡明な女性とその子に振り回される男の組み合わせです。この組み合わせがあると大体面白いです。

このパターンは「ビブリア古書堂」の大ヒットから多くの作家さんが取り入れた気がしますがどうか。研究してる方がいたら教えてください。

 

天久鷹央はあめくたかおと読みます。







表紙の子はとてもかわいらしいですが、男の子にも見えます。しかも、たかおは男みたいな名前です。

この子が男か女か、僕はギャンブルの状態で読みました。

背表紙を読まないからこそできる遊びです。

読み始めて鷹央が女性であることがわかり、とてもホッとしました(^^)
かわいい子がいた方が小説は楽しいです(^_-)-☆

 

「帰る前にうちに顔出せ」と乱暴に呼ぶ鷹央、それに振り回されるのは小鳥遊(たかなし)という大男。

小鳥遊は鷹央から小鳥と呼ばれている。鷹は小鳥を食べる。2人の関係もそんな感じだ。

ちなみに鷹央は統括診断部の医師でこの部署には各科で診断不可とされた患者が集まる。

小鳥遊は統括診断部の見習い医師であり、鷹央の下僕扱いだ。

しかしたまに何気ない発言が謎を解くヒントを与える、ワトソン的な働きもできる。

語り手もつとめているから仕事量はとても多い。

 

さて第1巻で扱う謎はバリエーション豊富だ。

1話では河童に会ったという少年の話、2話は人魂を見たと怯える看護師の話、ここまではあまり医者らしくない話が続く。

3話の「不可視の胎児」は普通に考えれば想像妊娠だ。これを解く鷹央は口は悪いが名医なのかもしれない。

4話で鷹央は訴えられる。

「鷹央の誤診により、息子は苦しみ母親が病気の原因を作るかのように言われ、精神的な苦痛を被った」と訴状にはある。

この病状を僕は当てることができた。予想しようとすればヒントは随所にあるし、これまでのながれもある。

真相が先に分かってもなお、面白い本書は紛れもなく名著だ。

 

鷹央と小鳥遊の掛け合いが魅力的な小説ですが、ナースの鴻ノ池や姉の天久真鶴、叔父の天久大鷲もとてもいいキャラをしています。

この家族と仲良くなれたら鳥に強くなりそうだなって思います🦅

全く関係ないのですが、鳥=恐竜らしいですよ。

ケンタッキーでは恐竜を販売していますと訳の分からないことを書いて今日は終わりにします。



お医者さんが出てくる本では二宮敦人さんの「最後の医者は桜を見上げて君を想う」も名著でした。

こちらは死なせない医者対死なせる医者が描かれています。

頭の中で連続ドラマができるくらいに鮮明に映像化できたこと、ラストには泣けたことが印象に残っています。



倍返しだ!って言った?(新年のあいさつに代えて半沢)

「オレたちバブル入行組」池井戸潤

 
2021年が始まりましたね。去年はお世話になりました。今年もよろしくお願いします。
さて、2020年をざっと振り返ると半沢でしたね。
そんなわけで今回は半沢さんについてです。話題は主に第一シーズンの半沢さんについてですけど。

僕の友だちに半沢さんがいまして、彼女はリクエストをたくさんされすぎていたのか、倍返しって言ってとお願いすると「はいはい、倍返し倍返し〜」とネタを見せてくれました(笑)

本書のドラマはあまりにも有名すぎますね。普段ドラマは観ない僕の兄まで夢中になっていました。

僕は第一シーズンの名シーンと第二シーズンの途中から見始めました。

「あなたには十倍返しだ」とか土下座のシーンがよかったですね。
一番良かったのはやはり「やられたらやり返す。倍返しだ!」と言ったシーンでしたが。

本書にもそのようなシーンはあったのですが、ドラマとは違っていました。

 

物語は半沢直樹の入社から描かれています。

この時から半沢の自信満々な感じが鼻につきます。でも、自信があるのもわかるほど、半沢は優秀な男でした。

大阪の支社で融資課長になるまで出世した半沢は支店長命令で無理に融資の承認を取り付けてしまいます。

その後融資した会社は倒産し、その損失は5億円になってしまいました。

5億円というのがまた住む世界の差を感じさせます。これの倍返しは10億円で10倍返しだと50億円ですよ。という野次は半沢には通用しないのでしょうね。

半沢は半沢に責任を押しつけようとする支店長や本社の連中と戦います。

責任を押しつける上司には腹が立ちますが、反発しまくる半沢のようにはなれません。

僕だったらどうするか、ずっと考えてしまいました。

 

果たして無事に5億円を取り戻せるのか!と煽りたいところですが、物語の中盤くらいから大勢は半沢に傾きます。

本書の最後はあの有名な土下座のシーンですよね。

正直あまりスカッとするシーンではなかったです。損失を取り戻したのが出世に繋がるのは半沢にしかできない駆け引きがありましたし、やはり、上司を土下座させるのは気が引けます。

 

本書には「やられたらやり返す。倍返しだ!」を期待したいのですが、それに近いシーンは飲み会で友だち相手に愚痴っていたこんなセリフでした。

《「オレは基本的に性善説だ。相手が善意であり、好意を見せるのであれば、誠心誠意それに応える。だが、やられたらやり返す。泣き寝入りはしない。十倍返しだ。そしてーー潰す。二度とはい上がれないように。浅野にそれを思い知らせてやるだけのことさ」》

僕も基本的に性善説ですが、「恩を受けたら必ず返す。恩返しだ。」をモットーにしています(^^)

は置いといて、これを飲み会で言ってしまうと一気に僕たちの世界に半沢直樹が降りてきた感じがしてしまいます。

やはりドラマのように相手にツバを飛ばしながら、「倍返しだ!」と直接言って欲しかったと思うのです。

池井戸潤さんはスポーツ小説でも有名みたいなので、他のものも読んでみたいと思います。







読んでいたときはずっとウルフルズの「借金大王」が頭の中でかかっていました。

《貸した金 返せよ 今すぐに 返せよ

さっさと 返せよ おう! 貸した金 はした金じゃねえぞ

さっさとしねえと 金も友達も消えてなくなるぞ!!》

半沢直樹はたまにヤクザみたいな借金の取り立てをします。そこがとても面白かったです。

片想い小説を紹介の3日間。最後は「ねじまき片想い」柚木麻子

「ねじまき片想い」柚木麻子

本書は現在片想い中の人が読むと片想いが加速すること間違いなしです。

愛する人に近づく災厄は取り除きたい、矛盾してるけど、彼の恋も応援したい。

彼と話すだけでうっふふーとなるが、それが彼にバレるのも周囲にバレるのも恥ずかしい。

もちろん周りの人たちにはバレバレなんですけどね^_^

 

本書の片想いの対象は西島という、優男です。優柔不断で少し頼りない彼ですが、ときどきかっこいいです。

そして鈍いです。もう「ムッキャー!西島ぁぁ!!」となるのではないでしょうか(笑)

 

これからは特に良かったところを箇条書きです。真剣に何かを伝えたいとき、僕は箇条書きを使います(^_^)

 

⚪︎本書はタイトルがいい

片想いはそのままですが、「ねじまき」とは本書の内容を分かりやすく表していると思います。

主人公の宝子は大手おもちゃメーカーで商品開発をしています。

宝子が好きな西島はフリーのイラストレーターです。

宝子は西島と仕事ができるように仕事を段取り、テキパキと働きます。

西島の言葉や西島との仕事は宝子にとってのガソリンであり、ねじまきです。

《自分の心にねじを巻いてくれるのは、自分だけ》と言う宝子はとても魅力的なキャラクターです。

 

⚪︎西島ムッキャー!

西島ムッキャー!は僕の感想ですが、こう思うには宝子について書いておかなければいけませんね。

宝子は28歳、西島への片想い歴5年、男性との交際経験はなしです。

職場の同僚が彼女のことを語るとお城の中のお姫様です。

西島が彼女のことを語ると自己完結しすぎ、頑固、趣味にのめり込みすぎる人、です。ひどい言いようだなぁ西島ぁぁ。

今、おもちゃ開発部のエースなのは西島に《たった一人を思い浮かべて作ればいいんじゃないの〜?》と言われ、西島を思い浮かべておもちゃを作るようになってからです。

宝子の作る作品には西島への想いが込められるようになりました。それは子ども受けもいいので、彼女はエースになりました(^_^)

趣味のドールハウスは西島との生活を考えてのことです。西島のために通勤手段を変え、毎朝、彼の住むマンションを眺めてから出社する彼女は、ちょっとストーカー気質なところがありますが、一途で健気ないい子です。

それだのに西島は宝子の想いに気づかず悪行ばかりです。(彼の行動が悪に見えるのは僕が宝子の味方だからです)

本書は5章までありますが、西島は本当に頼りないです。納期は守らないし、遅刻は多いです。そして、恋愛に奔放です。惚れっぽくいて、冷めやすいです。

それでもときどき見せる優しさ、名言、好きなことへの一途さはかっこよくも見えます。

そのあたり、ずるいです。ムッキャーとなってしまいます。この2人、上手くいって欲しい(╹◡╹)

 

⚪︎分類としてはミステリー⁈

宝子は5章では「私は片想い探偵です」と名乗ります。西島のために事件を解決させるのです。

特に1章はすごかったです。思わず2度読みをしてしまいました。

1章での出来事です。

西島の住むアパートからはスカイツリーが見えていましたが、向かいのマンションに貯水タンクが設置されてしまい、見れなくなってしまいました。

西島はそのことが原因で落ち込んでしまいます。

宝子そんな西島のために貯水タンクをどかすことを決意します。

その手段と貯水タンクの中身には驚かされました。どこぞのドラマのキムタクみたいに爆破した訳ではありませんよ(笑)

片想い探偵、流行る気がします。ドラマ化を切に願います。

 

 

5章はもう名言のオンパレードです。

宝子の片想いは加速して暴走を始めます。あと、西島ムッキャーが頂点に達します。

据え膳食わぬはなんとやらですが、宝子は西島を10発は殴っていい法律を作りたいくらいです。

でも西島らしいのかなとも思います。宝子さんが西島を許すなら僕も西島を許します。

 

僕が片想い中なのかどうかは置いておいて、あくまで一般的に、片想いってつらいですよね(^_^;)

本書を読むと宝子みたいにはなるまいと頑張れるかもしれませんよ。

もしくは片想いを最高に楽しめるようになるかです。

それはどちらも素敵なことです。恋をすると人は強くなれるのかもしれません。

片想いの三日間、これで終わります^_^





「最後の医者は桜を見上げて君を想う」二宮敦人

さて、本書は書店員が出版社から貰う見本、通称・ゲラで読みました。

そして、本書の映画化は出版前に予想し、当てました。

イエーイʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔイエーイ

いつか使いたかった顔文字をここで使いました。この顔文字はどう使うのが正解なんですかね(笑)

ちなみに映画化は決まったみたいですが、詳細はまだ届いていません。

 

本書は書店員が選ぶ感動小説の一位だったらしいです。どこでそんなアンケートをやっていたのでしょうね。

僕の感想としてはうるっとはきたけれど、こんな病院が実際にあったら嫌だなぁと思ってしまいました。

その理由は後で書くとして、僕が感動したのはその文章力にです。

対立する2人の医者のどちらかを応援させることで、圧倒的に読みやすくさせています。中間の医者も置き、どちらかに意見を偏らせないようにもしています。その手腕はお見事です。

あと、登場人物の語る言葉はドラマの世界のようで、簡単に脳内で映像化できました。

 

物語は全3章です。

第1章 とある会社員の死
第2章 とある大学生の死
第3章 とある医者の死

です。舞台は病院なので、どなたかが亡くなりがちです。

基本的には患者が主役です。患者は死に近い立場の人です。

入院した病院では2つの選択を迫られます。

それは良く死ぬか、最期まで足掻くか、です。

僕の最期も選択させてほしいものです。

 

さて、主な登場人物の紹介です。

Doctor.桐子はキリコという名前の通り、患者たちから「死神」と呼ばれています。(キリコはマンガ・ブラックジャックで安楽死専門の医者でした。やっていることは殺人なのですが、患者からは優しい医者と思われています)

こいつは問題児ならぬ、問題Doctorです。

自分の患者じゃなくても、のこのこと首を突っ込み、安らかに死なせる方へ話を進めます。

このことにDoctor.福原はぷんぷんです。

福原は天才的外科医であり、副院長です。決して諦めないことが患者のためという信念のもと、技術を磨き続けます。

彼はバーに行って女性を口説く時でも水を飲むような男です。

桐子は冷めすぎてやばい奴ですが、福原は熱すぎてやばい奴です。

この病院にまともな奴はいないのか?

と思っていたら神経内科のDoctor.音山はまとも?な方でした。

彼は死なせるのがいいのか、どんな患者にも戦わせるのがいいのか、考え、迷います。

この迷う姿勢の医者の方が僕は安心して話せそうです。

だって入院したときに、安らかに死ぬか、死ぬまで戦うか選べと言われたら、悩むのは当たり前ですよね。

極端な2人は映像化するにはもってこいなんですけどね。

 

上で書いたこの病院の嫌な部分は、桐子と福原が院内でケンカすることです。

僕はなのですが、入院するとしたら治療方針などは完全に主治医に任せたいです。僕の話を聞いてくれて、判断して欲しいです。

ともに戦ってくれるならば頼りたいし、あきらめましょうなら、それを言うだけの根拠があってのことなのでしょう。

どちらでも主治医の先生を信頼したいものです。

でも、先生同士でケンカはいけませんね。それをされると不安になります。

 

僕はどちらかを選ばないといけないというのならば、福原派です。

なぜなら、病院の経営を考えたときには、病気と戦わせた方が儲かると思います。入院費、抗がん剤代、その他色々。しかし、延命のために精一杯のことを尽くしてくれることでしょう。

お金はかかりますが、ともに戦いましょう!の方が人間的に信用できる気がします。

もちろん桐子の言うこともわかるのですが、本当に生かすための最善の努力をしてくれた結果、あきらめましょうなのかが、わかりにくいです。

という訳で、僕は桐子が好きにはなれませんでした。

あと、副院長に逆らってはサラリーマンとしてはダメでしょう(^ ^)

 

今回はドライな話で終着させます。

本書を読んだ皆さまはどのような感想を抱いたのでしょうか。とても気になるところです。

 



人それぞれに科学観。僕にはこんな科学観

「科学オタがマイナスイオンの部署に異動しました」朱野帰子

 

人には人の乳酸菌!とはCMの言葉ですが、人には人の科学があるなぁとしみじみと思います。

それぞれの科学を大事にして欲しいと同時に、相手の科学を否定してはいけないと強く思います。

そんな中で、本書の主役の賢児は家電メーカーに努めていますが、自社商品のマイナスイオンが出るドライヤーを非科学的だと否定したがります。

そんな賢児が好きになれず、僕はもやもやしてしまいました。

 

他にも科学については思うところが多すぎて、たくさんのことを考えてしまいました。 

僕の科学観は超常現象の解明に片寄っています。「心霊について」が特に好きなテーマです。

科学的じゃないとされていたこともどんどん科学で解明されているのが楽しいのです。幽霊はいないとは証明されていないし、いた方が楽しいと思います(^^)

ネッシーや雪男も、いつか見つかるでしょうし、ツチノコもそのうちに姿を現すことでしょう。

最近では宿直で病院に泊まりの看護師さんに金縛りが多いことも、脳科学で証明されてきました。

あと、僕はUFOの存在は信じますが、宇宙人の存在は信じていません👽

宇宙人が市役所に行き、住民票を宇宙から移したら信じます(^^)

 

生き物や人や地球環境について、人の考えに触れたり、考えたりするのはとても楽しいです。

特にホンマでっかTVの池田先生の意見は面白いですね。池田先生はゴミの分別法を大きく変えた先生です。

ペットボトルは燃やしてもいいらしいのですが、はたして。

 

ちなみに僕が、いま、信じられない科学は「カロリーの高いものを食べれば太りやすい」です。

「食べ過ぎれば太る」は実に分かりやすいですよね。過ぎているのですから、身体に影響はあるのでしょう。

でも、カロリーの高いものを少し食べるだけだったら太らないと思うのです。腹7分目の後のケーキは許容範囲でしょう。

というわけで、僕とデートした子にはたくさん食べさせます。ケーキを食べたら太るなど、信じません!

僕がふくよかな子がタイプというのもありますけどね(^^)

 

環境活動家の中にはエコのためには人口を減らすべきだという人もいます。

命の選抜が行われるようになった世界で自分は生き延びる自信があるのでしょうかね。命の選抜だけは反対です。

人口を減らす以外の科学的な解決法をないものか。

トルストイの「光あるうち光の中を歩め」のような世界は賛成ですが、僕の生活にはスマホが欲しい(^^)

 

いろいろと書きましたが、すべては僕の信じたい科学についてです。

科学者はたまに嘘をつきますから、全面的に信じることは僕にはできません。

だから(?)、STAP細胞はあると思っています。STAP細胞は嘘でしたが、ないことの証明はいまだにできていません。

悪魔の証明という言葉遊びみたいなものですけど。

あなたが信じている科学があるということを僕は受け入れるし、尊重するから話を聞かせて欲しいものです。

特に、カロリー問題については熱く語り合いましょう。

僕に譲る気は今のところはありませんが(^ ^)

さてようやくあらすじです。ここは背表紙に任せましょう。

《電機メーカーに勤める科学マニアの賢児は、非科学的な商品を「廃止すべきです」と言ったばかりに、商品企画部に島流しになる。「マイナスイオンなんて存在しません」。正論を主張する彼は、やがて鼻つまみ者扱いに⁉︎

自分の信念を曲げられずに日々会社で戦っている、すべての働く人に贈るお仕事小説。》

 

背表紙から僕が伝えたいのは2点ある。

ここからはで・ある調でいくのである(^^)

ひとつは《マイナスイオンなんて存在し》ないのは正論なのかどうかだ。

世の中は確かに間違った科学が浸透している。

納豆を食べると巨乳になるし、コラーゲン入りの化粧品を使うと肌がぷりっぷりになるし、マイナスイオンは身体にいい。

元野球部の僕はバッティングはボールを上から叩けと教わった。

しかし、上に挙げたのは事実とは言い切れないというだけだ。科学の世界では「絶対」という言葉を使わない。

賢児はマイナスイオンのドライヤーが身体に効くとうたう会社が許せない。

ならば、マイナスイオンに変わる効能を期待できる物質を探すか、マイナスイオンを作ればいいのにとは思うが、それもできないジレンマに苦しんでいる。

本書の大筋は賢児が会社の役に立てるかどうかだ。

会社の文句は言うし、金も稼がない、ならば会社に必要とされないのは当然だ。

賢児が会社で生き延びることができるのか

 

ふたつ目は《すべての働く人に》と書かれていることに注目した。

これは過大広告と思う人もいるかもしれないが、僕が読み終えた感想としては確かに働いたことのある人ならば、共感できる内容が盛りだくさんだった。

どんなお仕事でも、自社のすべての商品を完璧だと信じ、自信をもって働いている人の方が少ないだろうし、自信がありすぎる人はなんか危険だ。
メリットしかないものなどありえないと思うが、メリット・デメリットのどちらかしか伝えない人の方が圧倒的に多い。

 

本書のテーマは科学VS感情だ。

内容の大筋は賢児の職場での苦悩だった。これは正直言ってどうでもいい。仕事で悩みがない人など、ほぼいない。

もうひとつの大筋に感動したのだ。

もうひとつは賢児の姉の美空の妊娠をめぐる科学だ。

姉の美空は光合成のあたりで、理科についていけなくなっている。

賢児に教えてとお願いするものの「葉緑体という言葉を使うなー」と賢児をぶっとばす(笑)

そんな愉快な美空は妊娠して里帰りをしている。賢治としばらくの同居ですな。

賢児とは大人になってもケンカばかりだ。科学の刃を振りかざす賢児とは上手くやれない。

美空は妊婦になり、たくさんの情報を仕入れるようになったし、母親の先輩友だちからも情報をもらう。

そこで聞く科学とは胸を痛めるものばかりだった。

 

美空のお腹の中の子は逆子だった。逆子についての知識はなかったが、帝王切開での出産をしないといけないほど、大変らしい。

通常の分娩でも心配事は多いのに、帝王切開だと更に心配だろうと思う。

しかも帝王切開では母性は芽生えないとか、我慢できない子が生まれてくるとかの情報を、美空は入手してしまう。

子が産まれたあとも大変だった。美空は母乳が出づらい体質だったのだ。それも帝王切開のせいだと考えてしまう。

美空は産後院に行き、指導を仰ぐが、そこでの先生の言葉がひどかった。

《最近増えている子供の学力低下や学級崩壊なんかも、楽をしてミルクをあげてしまう母親が増えているからだって、科学的な指摘をする専門家もいるのよ》と。他にも母乳で育てないとちゃんとした母親になれないだの。

僕の科学観というか科学勘をとぎすますと、そんなことを言う奴とはすぐに付き合いをやめるべきだと思う。

科学どうこうじゃなくて、その人がストレスだ。ストレスが身体に良くないことは証明されている。

《ミルクで育てるなんて楽をしたら、まともなお母さんになれない。あきらめちゃダメなんだ。この子をちゃんと育てたいのだ。自分はできのいい子にはなれなかった。自分みたいにはしたくない。》

という美空の言葉には涙が出た。そう思える時点で立派な母親じゃないですか。自信を持っていい。愛情がなによりも強い科学だ。

 

他にも父の死とがんの関係、(恐らくはSTAP細胞のことだと思われる)嘘で塗り固めた科学者の話、お金と研究の話も面白かったです。

あと、ドラゴンクエストの「賢者の石」についても楽しかったです(^ ^)

科学が好きな方にも、苦手な方にもおすすめの小説でした。

 

 



記事検索
にほんブログ村
にほんブログ村