本書は大野智殿が大将で映画化も果たしまして候。

とても愉快なり。褒美を与えたもう。

と無理矢理に昔の言葉を使おうとしても学が無いのがバレるだけですね。

今回は初めて時代小説について書きます。

正直、この分野には苦手意識があって、今までは宮部みゆきさんの「本所深川ふしぎ草子」しか読んだことがありませんでした。

いざ読んでみると映画を先に観たおかげもあり、難しいと思うことはあまりなく最後まで楽しめました。

続きを読む