僕が書店で働いていたときロングセラーだったのが、本書でした。

もう毎週のように集英社文庫の営業の方が、お店に来ては本書の素晴らしさを伝えにきました。

根負けした僕は、大量に取り寄せたところ爆発的なヒットはしませんでしたが、少しずつ売れ始め、定番商品となりました。今ではどこの書店にも置いてあるのではないでしょうか。

 

続きを読む