中田永一さんとは初めましてでした。読んでみたらちょっと陰があるけどさわやかな恋愛短編集でした。

本書の背表紙のあらすじにはみずみずしいとあったものの僕ならば一言付け足します。

みずみずしく、痛い恋愛小説だと。

 

続きを読む